病院に行く時の出来事です。

 

駅でバスを待っていました。

車いすの方が、待ってらっしゃいました。

バス待ちの間、少しおしゃべりしました。

見知らぬ人によく話しかけられるようになったのは、

おばちゃんになった証拠です。

 

バスが来たので、

お手伝いしましょうかと尋ねたら、

運転手さんが上手に乗せてくれるから大丈夫とのこと。

そばで、じゃましないよう気をつけて、見守ることにしました。

 

バスが、目の前に止まり、運転手さんが下りてきました。

さっそく、乗り込み口のところに、車いすスロープを用意してくれました。

床の下の方から、板を引き出して、固定していました。

そういう仕組みになっているのね、初めてちゃんと見ました。

 

無事に、車いすの方も乗り、

後から他の乗客も乗り込みました。

座席は埋まり、立っている方も10人くらいいました。

 

出発用意、運転手さんが車いすスロープをしまいます。

 

ところが、運転手さんがいくらがんばっても、

車いすスロープは、動きません。

何度やっても、動かないのです。

どうしたのかなあと、状況が分からず、見ていたのですが、

後ろの方から、こんな声が聞こえてきました。

 

客・あ、客が乗ったから、車体が重さで下がって、

  スロープがしまえなくなっちゃったんだ。

 

客・運転手さん、私たち、降りましょうか。

 

客・運転手さん、手伝おうか。

 

運・いや、私が不慣れなので、手間取ってます。大丈夫です。

 

客・でも、大変そう。やっぱり、降りようか。

 

運・いや、ちょっと待ってください。そうか、車高か。

 

彼は、運転席の方に一度乗り込み、何かしていました。

 

そして、もう一度、車いすスロープをしまうことにチャレンジ。

今度は、車いすスロープ、うまくしまえました。

 

運・車高高くしてみました。お待たせしました。

 

という一幕がありました。

 

車いすスロープが、見事、しまえた時に、バスの中に、小さな拍手が起きました。

 

出発時刻に少し遅れたけれど、

走って慌てて来たひとも乗れたからよかったのかも。

 

早くしろよう~~~、なんて声が、全く出なかったわが街の住民。

 

うれしかったなあ。

私は、いい街にすんでいるなあ。

こういう、ちょっとしたところで、あったかさがわかるよねえ。

 

いい気分で受診したので、結果も良好でした。

 

少しづつ、元気になってるな、私。

 

今日もおいでいただき、ありがとうございます

よろしかったら、応援の1クリックお願いします。クリックが増えると、子犬のように喜びます。→60歳代ブログランキング