防衛漫玉日記

2017/12/17

(2012年評)

ふと思えば、
随分と「桜玉吉」の姿を見かけていない。

鬱病マンガの最高峰が、
「幽玄漫玉日記 」だとすれば、
本作はその日記シリーズの
始まりの作品である。

まだまだ、画風、作風共に
エネルギーがあふれており、
読者の笑いを取ろうという姿勢が見て取れる。

これが、「幽玄」になると、
中間ぐらいのエネルギーになり、
絶妙なバランスに成長するのだから
マンガはやはり面白いものだ。


そろそろ新作の日記シリーズが読みたいのだが、
まだ鬱病からは抜け出せないのだろうか。

復活が待たれる。

f:id:mangadake:20161215215600p:plain


 

 

[まとめ買い] 防衛漫玉日記(ビームコミックス)

[まとめ買い] 防衛漫玉日記(ビームコミックス)

  • 作者: 桜玉吉
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (1件) を見る